WEDDING PHOTO

挙式、披露宴中の結婚写真について

花婿と花嫁

結婚写真東京
:ファンウエディング
楽しさを表現してくれたい、感動をしっかりと写真に残してくれるのです!こちらでは、結婚式での写真を芸術のアートのように撮影してくれるので、おすすめです!東京で人気になっているFUN Weddingを活用しましょう!

結婚式当日の写真をプロのカメラマンにお願いされる方はたくさんおられると思います。私は身支度から親族写真、挙式、披露宴までの全てをカメラマンにお願いしましたが、結婚式を終えて、もっとこうしておけばよかったなと思ったことについてご紹介させていただきます。
結婚写真の撮影は、カメラマンの指示でポージングするものと、結婚式の様子をカメラマンが自由に撮ってくださるものの2パターンでした。指示のあったもの以外は、夫婦2人でピースサインをしたり、おふざけでポーズを決めたり、当日は楽しく撮影していただいていましたが、後日結婚写真のデータを受け取ってあることに気づきました。
それは、ピースサインやポーズを決めた結婚写真よりも、カメラマンが気づかない間に自由に撮ってくださっていた写真の方が、自分たちの知らない表情をした自分たちがキラキラと輝いて写っていて、写真を見て当日を思い出すような写真になっていたということです。
つい写真を撮る時のくせで、カメラを向けられるとピースサインをしてしまいますが、そんな写真はいつでも撮れます。それよりも、結婚式を思い切り楽しんで、ゲストに感謝して、笑って泣いて自然に過ごしているところを写真に収めてもらった方が、後々写真を見た際に心に響く写真になるということに気が付きました。
もちろんポーズを決めた結婚写真も素敵ですが、感情のままに過ごしている自分が写真に残るのも素敵だなと思いました。

結婚写真でよくある後悔を知り、回避しよう

結婚写真というのは一生ものの思い出になるという事は、まず間違いありません。だからこそもしも何か失敗などがあれば、後悔も大きいと言えるでしょう。実際に結婚写真に関して後悔をしているという方は少なくありません。皆さんが結婚写真をとる時にはそういった後悔が残らないように、よくある結婚写真にまつわる後悔を知っておきましょう。知っていれば、皆さんの時には回避できるはずです。
まずは、写真にうつってみると思っていたよりも太って見えたという後悔が女性には多いです。写真の日程は早めに決めて、そこに向けてダイエットをしたりエステに通ったりして万全な状態で挑むようにしましょう。なにせ今後も残るものですから、一番綺麗な状態でとれるように努力を怠らないようにしてください。
次に、選んだ写真スタジオが悪くて後悔をしたなんていうケースも少なくありません。具体的にはスタッフの感じが悪く、あまり良い顔で写真にうつる事ができなかった、腕が悪く微妙な表情なものしかとれなかった、照明が悪くなんとなくうつりが暗く顔も綺麗に見えないなどが多いです。こういった事を避けるには、事前に評判などもしっかりと確認をしておく事です。
これらの後悔をしてしまわないように、皆さんは気をつけましょう。

結婚写真用の表情と髪色について

誰でもワンランクアップする結婚写真の撮り方をご紹介します。
結婚写真にかかわらず、記念写真はプロのカメラマンに撮影してもらっても思ったような仕上がりにならない場合があります。せっかくお金をかけるのですから、後でがっかりしたくはないですよね。
素敵な写真にするコツは笑顔を上手につくることです。素人は声を出して思いっきり笑う位でちょうどいいかもしれません。しかし、慣れていないと照れがあったりして笑顔が作れません。鏡を見ながら、とにかく繰り返し笑顔のトレーニングをしてください。口角は上げ、目は出来るだけ大きく開けるようにします。トレーニングによって次第に恥ずかしさがなくなってきますので試してみましょう。
次に髪色の問題です。ウエディングドレスに合わせて茶髪にカラーリングする人が多いようですが、ここではアッシュカラーをおすすめします。アッシュのよいところは、茶系の髪色よりもウエディングドレスをより白く見せてくれる効果があることです。お色直しのカラードレスの色もそれほど選びません。ただ、ピンクのドレスに最も似合うのは、金髪に近い茶色でしょう。
表情と髪色に少しの工夫をして、素敵な結婚写真を撮ってくださいね。

結婚写真なら素敵な衣装がたくさん試せる

結婚式をあげることと、結婚写真を撮ることは少しだけ趣旨が違います。結婚式は2人がもちろん主役ではありますが、基本的に人を招待するので、ゲストのことを考えて用意をし当日を迎えます。でも2人だけで記念に残す結婚写真は、2人だけのものです。2人の思いや理想を存分に叶えることができます。例えばドレスや着物の選び方もそうです。式場で着ることを前提に考えると、どのゲストからも好感度の高い衣装を選ばなくてはいけません。 また、衣装によっては貸出料金がとても高いものもあります。ですが、結婚写真の場合は2人だけの趣味で衣装を選ぶことができます。極端な例ですが、デニム好きのカップルならデニムでできたドレスとタキシードを用意して写真に残すこともできます。実際に式場でこのような衣装を使おうと思うと、仕事関係の方や年配のゲストの目を気にしなくてはいけません。また、予算面で結婚写真に決めた場合でも、結婚写真業者の用意する衣装なら基本料金に衣装代が含まれていることが多いので気にせず好きな衣装を選ぶことができます。式場への貸し出しの場合、あとから細かい小物をオプション料金で請求されることがありますが、結婚写真なら細かい費用のことも気にせずに思う存分衣装選びを楽しめるのです。2人だけの一生の思い出を、納得のいく形で残せるところが結婚写真の魅力です。

イチオシ

結婚写真をチャペルで撮る

結婚写真をチャペルで撮ってもらいたいという人はいると思います。ウェディングフォトをチャペルで撮ってもらいたい人の中には、結婚式は行うことができないので、せめてウェディングフォトだけでもチャペルで撮ってもらいたいと思っているのです。だから、ウェディングフォトをチャペルで撮ってもらう人がいるのですが、そのためにはどうしていけばいいのでしょうか。まずは、チャペルでウェディングフォトを撮ってくれるフォトスタジオ…

女性の横顔

結婚写真の歴史的変遷について

結婚をする際、現在では当たり前のように写真を撮っていますが、この結婚写真とうのはいつから始まったのでしょうか?この結婚写真でありますが、明治時代にまでさかのぼり、当時珍しかった西洋の写真撮影技術を取り入れた写真屋さんの人たちが、その技術をもって結婚式の際に記念として夫婦を撮影するサービスを始めたのが起源であるといわれています。その後、和装美容師と業務提携をするような形で、結婚式に写真を撮るというようなことを発展…

結婚指輪

結婚写真を安く撮ってもらう

これから結婚写真、いわゆるウェディングフォトを撮ってもらおうと考える人はいると思います。ウェディングフォトを撮るのであれば、できるだけ安く撮ってもらいたいものです。結婚式などでかなりお金がかかると思うので、ウェディングフォトではできるだけ費用を抑えておきたいという人が多いのは理解できます。では、ウェディングフォトを安く撮ってもらうためにはどういったことを意識していけばいいのでしょうか。まずは、ウ…

式場

私たちの結婚写真体験談

私たち夫婦は、結婚式を挙げる前に、以前から関心のあった結婚写真を撮りました。結婚式の写真に関心を持った理由は、私の友人が実際に取った写真や撮影の話を聞いて、単純に素敵だなと思ったからです。主人も「せっかくだからたくさん思い出を残そう」と乗り気でいてくれたのも、結婚写真を撮ることを決める後押しになりました。実際に、いくつかの結婚写真を撮ってくれる写真館などをピックアップして、その中から日本庭園や海岸などの…

式を挙げている2人

Copyright © 2016 思い切り楽しみ、笑って泣いての自然体を結婚写真に収める All Rights Reserved.